「ウィー・アー・オール・アローン」 ボズ・スキャッグス 1976年

2006-12-29

いまやスタンダード・ナンバーとなった「ウィー・アー・オール・アローン」は、優しいピアノとシンプルなベースのイントロから始まって、ボズが魂を込めて歌う誰もが知っている名曲です。 もう耳にすることもなくなったAOR、アダルト・オリエンテッド・ロックという言葉もボズ・スキャッグスの代名詞のようなものでした。

学生になりたての頃、フォークソングを卒業しかかってこれも今や死語となったニューミュージック、そしてハードロックとあれこれ聴きまくっていた耳に洗練されたポップスは新鮮で心地よく、なんだかちょっと大人の世界に触れているような背伸びした気分にもなれました。 この曲を収録した名盤、「シルク・ディグリーズ」を持っている奴は、仲間内でもちょっとオトナのようなかっこよさもあったんです。

当時ギターはちょっとだけかじっていましたが、この曲を聴くと、ああ、俺もピアノの弾き語りができたらいいなあ、なんて思いました。 ボズはハードな曲をやってもかっこいいけれど、やっぱり彼の歌声にはバラードがよく似合います。 来日コンサートで実際に聴いた彼の声はレコードやCDで聴くよりも艶があって素晴らしく、いつかはピアノを弾きながら「ウィー・アー・オール・アローン」をボズみたいにかっこよく、できたら女の子の前で歌ってみたいという夢は、残念ながらいまだに叶っていません。


シルク・ディグリーズ ボズ・スキャッグスシルク・ディグリーズ ボズ・スキャッグス
洒落たジャケットに洗練された楽曲の数々、ボズはこのアルバムで大ブレイクしました。 ライブで聴いた「ロウダウン」は、やっぱりかっこよかった。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...