「ハーバー・ライト」 ボズ・スキャッグス 1976年

2010-06-27

ハードロックの黄金時代に翳りが見え始め、当時はどう見ても楽器もできない若造が騒いでいるようにしか思えなかったパンクが台頭してきた頃にリリースされたボズ・スキャッグスの「シルク・ディグリーズ」は、なんともお洒落で垢抜けたオープニングで、これが大人の音楽かと思わせてくれました。

そもそも自分が楽器もろくに弾けない地方出身の若造でしたから、後にTOTOを結成することになるデヴィッド・ペイチやジェフ・ポーカロなど、一流のミュージシャン達の演奏と洗練された楽曲、そしてボズのボーカルと、アルバム全体が醸し出す大人と都会の雰囲気が目からウロコの気持ち良さだったんでしょうね。

このアルバムからは「ロウダウン」や以前取り上げた「ウィー・アー・オール・アローン」など多くのヒット曲が生まれて彼の代表作となりましたが、ドラマチックに盛り上がる「ウィー・アー・オール・アローン」とはまた違った味わいのある静かなバラードが「ハーバー・ライト」です。

出来れば港のそばの小洒落たホテルで、夜中にひとり静かにグラスを傾けながら聴くのが似合いそうな曲で、絶妙なサビの導入部のメロディーに酔いしれつつカッコいい大人を気取りたくなります。 静かでゆったりとした曲だからこそボーカルの技術や確かなバックの演奏、そしてアレンジも重要で、ここはドップリと彼らの世界に浸りたいところです。

売れるまでに時間のかかったボズも「スロー・ダンサー」あたりからその後の進むべき方向が見えてきたのか、L.A.のミュージシャン達との出逢いも大きかったんでしょうね。 「シルク・ディグリーズ」「ダウン・ツー・ゼン・レフト」、それからロック色の強い「ミドル・マン」は今でも大好きなアルバムで、何年たっても色褪せない大人の音楽を創り上げてくれたボズとその仲間たちはやっぱり素晴らしい。


ボズ・スキャッグスSilk Degrees ボズ・スキャッグス
ひとことで言えば、お洒落。 腕利きミュージシャンがバックを固めて、ボズが数々の名曲で極上のボーカルを披露する、これが大人のロックです。 ハードロックに慣れた耳にはとても新鮮に聞こえました。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...