スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ア・マン・アイル・ネヴァー・ビー」 ボストン 1978年

2010-07-24

Tag : ボストン

今年の春はいつまでも寒くて、梅雨は梅雨らしくしっかり雨が降り、梅雨が明けたと思ったら猛暑でちょっとグッタリしてます。 こんな時に元気の出る音は何かと考えて、ひさびさのボストンです。 彼らはロックバンドの華、ギターの音が何と言っても素晴らしいのと、ボーカルがまた強力でした。

ブラッド・デルプはどこまでも伸びる張りのある声が緻密に造り上げられたバックの音に見事に馴染んでいて、トム・ショルツから見てもボストンの音世界に欠かせないボーカルだったろうと思います。 あの心地良い練り上げられたサウンドに嗄れたハスキーな声はどう考えても合わないだろうし、美声と言っていい彼の声はボストンになくてはならない音の一部でした。

そんな彼が歌うバラード「ア・マン・アイル・ネヴァー・ビー」は、オープニングのピアノの音を久しぶりに聴いただけでああ、やっぱりいいなあと思ってしまいました。 YouTubeで見ましたが、ライブではピアノを弾きながら歌ってたんですね。 長髪とヒゲに覆われた彼の顔はよく見ると優しそうで、アクの強いキャラクターが多いロック・ボーカリストの中では今思えば少数派だったのかもしれません。

この曲はバラードの王道を往くようにボーカルからギターの間奏へと盛り上がっていくんですが、ブラッド・デルプのボーカルはどちらかと言えば抑え気味で、これがボストン最大の特徴であるギターサウンドを引き立てているように思います。 曲のつくりはシンプルで同じメロディーの繰り返しが続くものの、全体的な音が気持ちよくてそこは許せてしまいます。

セカンド・アルバムのリリースでほぼ完成の域に達してしまったボストンは、トム・ショルツの言わばワンマン・プロダクトだったのがストーンズやエアロ・スミスのような時にメンバー同士がぶつかり合いながらも長続きするバンドとは決定的に違うところで、完全復活を待ち続けているうちにブラッド・デルプは亡くなってしまいました。

ボストンの成功がトム・ショルツの才能によるところが大きいのはもちろんですが、歌うために生まれてきたようなボーカリストとトムの出逢いがなければどうなっていたのかとも思います。


ドント・ルック・バック ドント・ルック・バック
このジャケットがボストンを見事に象徴してますね。 忘れた頃に聴くと、またギターサウンドの素晴らしさに感動します。 残念なのは最初の2枚を超えるアルバムがその後出てこなかったことです。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.5

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。