「空に太陽がある限り」 にしきのあきら 1971年

2010-08-19

Tag : にしきのあきら

今年の短い夏休みは帰省と、墓参りのハシゴに費やして終わってしまいました 。 ギンギンギラギラ輝く太陽のもと、墓参りで日焼けしながら頭に浮かんだ曲がにしきのあきら(現・錦野旦)の「空に太陽がある限り」でした。 もう一曲エンゲルベルト・フンパーディンクの「太陽は燃えている」もチラついたけど、今回はお盆=ニッポン=歌謡曲という強引なつながりで、にしきのあきらです。

ロマンチックな「もう恋なのか」でデビューして、翌年の「空に太陽がある限り」が大ヒットしてスター歌手の仲間入り、スター運動会や水泳大会で見せる抜群の運動神経にキリッとした男前フェイスですから、これは女性がキャーキャー言うのも無理はありません。 前記の2曲とも懐かしい「ハマクラ天皇」こと浜口庫之助の作詞作曲で、この人ハイカラなイメージがありました。 

その浜口庫之助に見出されてデビューしたにしきのあきらが一時の低迷期を経て"スターにしきの"として見事復活を果たしたのがもうだいぶ前のことです。 面白半分にイジられてもナチュラルな反応で人柄の良さ?を見せつついつも真面目で一生懸命な彼には、あの身体能力と共に常人では計り得ない器の大きさがあるようです。

いかにも、という感じのイントロに始まって、女性コーラスとの掛け合いで歌う「空に太陽がある限り」は、あのテンポが彼の歌い方にも合っているんだと思います。 フルオケをバックに余裕のある歌唱を聴かせるのが昔の歌謡曲の良いところだったし、大柄で脚の長い"スター"には広いステージがよく似合ってました。

続々とスターが生まれた昭和歌謡の世界において、最近のヒット曲こそないものの今も活躍する彼はまことに得難い人材のひとりだと思ってます。


錦野 旦(にしきのあきら) ゴールデン☆ベスト錦野 旦(にしきのあきら) ゴールデン☆ベスト
いやあ、かっこいいですねー。 これぞ昭和の男前。 まさにスターになる為に生まれてきたような。 この外見で歌が歌えたら、当然歌手を目指すだろうと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...