「クレイジー・ダイアモンド」 ピンク・フロイド 1975年

2010-09-21

狂ったダイアモンド。 冷たく硬く光り輝く美しいダイアモンド。 人を魅了する才能と背中合わせに自分でもコントロールできない狂気が見え隠れして、やがて繊細な人格を蝕んでいったとしたらなんだか切なくなりますね。 ピンク・フロイド初期のメンバー シド・バレットは、2006年に亡くなってしまいました。

傑作「狂気」を発表してから2年、「炎~あなたがここにいてほしい」も大ヒットを記録します。 壮大なスケールで聴くものを魅了した前作を凌ぐ作品を産み出そうとしたらこれはなかなか大変だったろうと思いますが、この後も「アニマルズ」、2枚組の大作「ザ・ウォール」と次々話題作をリリースし続けてピンク・フロイドは貫禄を見せてくれました。

だけど一緒にバンドを始めた仲間が壊れてゆくのを間近に見て、ついには音楽活動もままならない状態になっていったとしたら、彼らはどんな気持ちだったんでしょうね。 「クレイジー・ダイアモンド」はシドの代わりにバンドのメンバーとなったデヴィッド・ギルモアのギターの音が好きで気に入ってたんですが、この曲が書かれた背景について思いを巡らすといっそう胸に沁みてきます。

大好きな"Shine On You Crazy Diamond"というフレーズが出てくるまでにかなり時間がかかりますが、それまでリック・ライトのキーボードとデヴィッド・ギルモアのギターをじっくり楽しめばいいし、そもそも時間をかけて堪能するのがプログレの醍醐味ですから。

アルバムの最初を飾り最後を締めくくるこの曲がひとりの友人に捧げられたものならば感動的ですが、肝心の本人にそれが伝わっていたのかどうか。 ここを考えるとやっぱりなんだか切なくなりますね。


Wish You Were HereWish You Were Here ピンク・フロイド
名盤「狂気」の次の作品でプレッシャーもあったでしょうが、「あなたがここにいてくれたら」と「クレイジー・ダイアモンド」、この2曲だけでも個人的には大満足です。 ヒプノシスによるジャケットも印象的。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...