「国旗はためく下に」 泉谷しげる 1972年

2010-11-29

Tag : 泉谷しげる

前回の「ロック誕生」に登場したイエローの「国旗はためく下に」が耳について離れないので、今回は本家泉谷しげるのオリジナルです。 イエローが泉谷のバックバンドを務めていたことからこの曲をカバーしたようですが、元々インパクトのある曲を実力のあるバンドが演奏したから印象に残ったんでしょうね。

泉谷しげるは昔から好きでしたが中学・高校の頃は「春夏秋冬」や「黒いカバン」を歌うフォーク歌手、という認識でした。 だけどなんせあの性格ですからロックとは相性がいいんでしょうね。 斜に構えつつ皮肉を飛ばしたり文句を言うのがこの男には似合ってます。

「国旗はためく下に」はもちろんナショナリズム賛歌などではなく、泉谷らしい痛烈な批判精神や反骨心を感じさせる曲です。 アルバム・バージョンはフォーク・ロックといった趣ですが、これがライブになるともろにロックとなって観衆の心を揺さぶります。 この曲をそもそも知らなかったものですから、そのインパクトたるやなかなかのものでした。

その激しい泉谷も皆に愛されるのはただの文句たれではなくて、すぐにそれとわかるシャイで繊細なところが伝わってくるからだと思います。 根がそういう人だと分かるからこそいいぞ、もっとやれ、もっと叫べ、もっと暴れろ!と応援したくなるようなところがこの人にはありますね。 だから彼が好きなんです。


光と影 泉谷しげる光と影 泉谷しげる
よくこういう写真を本人が了承しましたね。 それだけとんがっていたという事なんでしょうか。 「春のからっ風」だけは知ってましたが、当時このアルバムの事を知ってたら、もっと彼のファンになっていたかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...