「サボテンの花」 チューリップ 1975年

2010-12-29

あのトゲトゲがついてるけど、なんとなく愛らしくもあるサボテンから連想する季節は夏なんですが、チューリップの「サボテンの花」の季節は冬なんですね。 そう言えば歌詞の中に「真冬の空の下に」君は部屋を飛び出した、というところがありました。 

「ひとつ屋根の下」の主題歌に使われたことで若い世代にも親しまれるようになったのが93年ですから、ドラマを見ていた頃には若かった人たちにも懐かしい歌のひとつになっているんでしょうね。 僕はあいにくこの当時テレビドラマにまったく興味がなかったので一度も見たことがありませんが、江口洋介や福山雅治など人気俳優の共演でそりゃあ視聴率も高かったでしょう。

先日財津和夫の大阪でのライブの再放送を見てやっぱりいい曲だなと思ったんですが、ライブの最初は声があまり出ていなくて大丈夫かなと思ったものの、最後は「大阪バンザ~イ!」なんて叫んで大いに盛り上がっていました。 彼の歌声は独特で、本人のナイーブなイメージそのままの、聴きようによってはちょっと不安定にも感じるところがあります。

だけどそこが愛や別れを歌ったこの曲の世界にぴったりで、「サボテンの花」ではふたり暮らした部屋を出て行く男の想いをあの少し揺れるようなボーカルで爽やかに歌い上げます。 印象的なギターのイントロに続いて「ほんの小さな~」と始まると、ああ、やっぱりいいなあと思ってしまいますね。 

暖かい春が来る前に終わってしまった恋を歌ったこの曲、これからも愛されるんだろうと思います。 ところで財津和夫の永遠のライバル、小田和正の「クリスマスの約束 2010」は、去年とあまり変わらないメンバーでしたが、山本潤子の「冷たい雨」を聴けただけでも満足でした。 来年あたり、もう一度財津さんをゲストで呼んでくれるといいんですけどね。


無限軌道 チューリップ無限軌道 チューリップ
リバイバルヒットした「サボテンの花」の他、あべ静江がカバーした「私は小鳥」、個人的涙の名曲「愛のかたみ」など。 ハードなジャケットからもアイドル扱いはごめんだ!という決意が伝わってくるような。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.6

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...