「涙をこえて」 ステージ101 1971年

2011-12-24

Tag :

以前太田裕美の「木綿のハンカチーフ」を書いた際にも少し触れたのですが、彼女はNHKの音楽番組「ステージ101」に出演していた時期がありました。 僕が中学から高校の時にかけて放送されたこの番組はよく見ていたにもかかわらず、彼女がソロデビューした時はまったく気が付きませんでした。

メンバー(ヤング101)はたくさんいたし、当時彼女は無名だったので分からなかったのはまあいいとして、あれは面白い番組でした。 オーディションで集められた若者たちが歌って踊ってミニコントみたいな事もやるという音楽バラエティーで、調べ直してみたら番組に関わった人たちは作曲家の中村八大を始め、司会者やゲスト出演者たちも大物揃いです。

よく覚えているのは変わった名前の若子内悦郎(わかこないえつろう)さんで、共に長身のヒロさんとのデュオ、「ワカとヒロ」はちょっとカッコ良かったです。 若子内さんはボーカリストとして吉田拓郎のバックで歌ったりと今もプロとして活動してらっしゃるし、驚いたのはハンサムな相方のヒロさんです。

彼はその後芹澤廣明としてチェッカーズの「涙のリクエスト」や岩崎良美の「タッチ」、中森明菜の「少女A」などを作曲する事になるんです。 あの番組の卒業生が音楽界で活躍しているのはなんだか嬉しくなりますね。

そしてこの番組を象徴する曲が素直に感動する「涙をこえて」です。 元々はシング・アウトというグループが69年に歌った曲だそうですが、ステージ101の代表曲として71年のファースト・アルバムのA面トップを飾っています。 あくまでもソロではなくコーラスありきの曲で、イントロから徐々に盛り上がる高揚感のあるメロディーと前向きな歌詞が、またいいんです。

スクールメイツみたいな格好をした女の子と長髪の真面目そうな男たちがニコニコしながら歌って踊るのを如何にもNHKと笑うのか、いや、リアルタイムでこの番組を見ていた人たちはけっしてそうは思わないでしょう。 ヤング101の瞳に映っていたのは明るい未来で、視聴者にもそれが伝わっていたんじゃないでしょうか。

今年はひどい災害があったし相変わらず世の中が良い方向に向かっているとは思えないけど、こんな時こそ夢や希望を感じさせてくれる音楽っていいなと思います。


ステージ101 ファーストステージ101 ファースト
大胆かつ新鮮な構図。 本番が始まる前のワンカットなんでしょうか。 こういう時代や時間を閉じ込めたような写真っていいですね。 懐かしい音楽バラエティー番組から生まれたアルバムです。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...