スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「若葉のころ (First of May)」 ビー・ジーズ 1969年

2012-03-26

先日山陽新幹線の「さくら」に乗る機会があったんですが、ホームに滑り込んで来る姿はなかなかカッコ良かったです。 座席は左右2列ずつのゆったりしたサイズで、車掌の検札もなく快適な時間を過ごすことができました。 500系の未来的なフォルムに驚いたのも今は昔、日本が世界に誇る新幹線は今も進化を続けているようです。

さて、「さくら」繋がりではありませんが桜のシーズンがそろそろ始まって新緑の季節もすぐそこまで、そんな時期にたまたま聴いてやっぱりいい曲だなあと思ったのが、意外なことに岸辺シローの歌うビー・ジーズの名曲「若葉のころ」でした。

BSプレミアムで放送された「沢田研二LIVE2011~2012ツアー・ファイナル 日本武道館」に、岸辺シローが出てきたのにはちょっと驚きました。 加橋かつみを除くザ・タイガースのメンバーが元気いっぱいのライブを繰り広げるステージのブレイクのような形で、兄の岸部一徳に支えられておぼつかない足取りで登場したんです。

彼が椅子に腰掛けて消え入りそうな声で歌う「若葉のころ」は大丈夫かなと思うような出だしでしたが、最初はバックが彼に合わせるようなところがあったものの、何とか最後まで歌いきりました。 文字通り痩せても枯れてもミュージシャンということなんでしょうね。

沢田は彼が「勇気を振り絞って駆け付けてくれた」と言ってましたが、そうだろうなと思います。 プライベートで色々なことがあって病気も患い、バリバリの現役歌手のジュリーや役者として活躍する兄と同じステージで、しかも満員の武道館であの姿で歌うのは相当な勇気が必要だったでしょう。 自らも光を浴びた時期があったわけですから。

もともと彼のキャラクターにはクエスチョン・マークを付けてましたが、年長者に向かって失礼だけど「頑張れよ」と言いたくなる場面でした。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。