スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスの約束 2014 小田和正

2014-12-26

昨年は小田和正がゲストの吉田拓郎を紹介したら会場が"うぉ~っ"とどよめいてなんだか気持ち良かったのですが、さて今年のゲストは... 。 オープニングはこれみんなで歌う曲かなと思った井上陽水の「最後のニュース」。 その後は予想外の過去のダイジェストで、これはこれで懐かしくやっぱりいい歌手がいい曲を歌うのはいいですね。

ソロで始まってゲストが登場するようになり、やがては大人数でノンストップメドレーを歌うという大胆な挑戦をして感動を呼び、それでも10回を超えるとどういう番組にしようかという迷いも出てくるんでしょうね。 僕らの世代からすると財津和夫や昨年の吉田拓郎なんかがゲストだと大変嬉しいけど、これまで小田が選んだ曲を聴いていると、若い世代からもいい曲はたくさん生まれているんだなと思います。

で、ゲストははっぴいえんど・YMOという伝説のバンドを経てあとは好きなことをやっている細野晴臣でした。 この人はアコースティック・ギターの名手でもあるのだと雑誌で読んだことがありますが、今回は1曲のみでさらりと流されてしまいました。 一般のお客さんも入れてなかったみたいだけど、どうしたんでしょうね。

結局一番楽しみなのはいつまでも衰えを見せない小田和正の歌声を聴くことで、普通は年とともに劣化していくものなんですけどねえ。 ここ何年かはメンバーがほぼ固定されているので、来年は15周年を記念して達郎&まりや夫妻をゲストに、なんてどうでしょう。


「We are」 Off Course「We are (紙ジャケット仕様)」オフコース
社会人最初の年に買ったアルバム。 悲しげな気怠い雰囲気のリード・ギターで始まる「時に愛は」始め各楽曲の出来栄えが素晴らしく、オフコースの最高傑作に推す人も多い名盤です。 ジャケットも印象的なレコードでした。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.6

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。