「FREE SPIRIT」 JOHNNY,LOUIS&CHAR 1979年

2015-03-30

Charのアコースティック・ライブの次はやっぱりロックを聴いてみたくなったので、初めてのJOHNNY,LOUIS&CHARを取り上げてみたいと思います。 79年に雨の日比谷野外音楽堂で行われたライブ(なんとノーギャラ・ノーチケットのFREE!)を収録したアルバムで、もっと激しいのかと想像してたけど熱い中にも余裕を感じる演奏ですね。

一緒に組んだリズム・セクションがドラムにジョニー吉長、ベースにルイズルイス加部という外国の血を引いたミュージシャンで、Char自身もクォーターだとかいう記事を読んだような記憶があります。 スポーツでハーフやクォーターが弾けた才能を有するケースがあるように、彼らも見た目からしてカッコいいうえに演奏も上手いとくれば歌謡ロック時代のCharのファンだけではなく硬派のロックファンもそれは盛り上がったことでしょう。

3曲めの「風に吹かれてみませんか」はサラリーマン稼業も大変だよなみたいな内容の曲ですが、彼が冗談で『履歴書なんて書いたこと無い』と言ってたのを思い出しました。 そりゃまあそうでしょうね。 世の中の大部分の凡人はプロのミュージシャンになんかなれません。 だからこそCharがキザにかっこ良くギターを弾きながら歌うところに憧れるわけです。


JOHNNY,LOUIS&CHARJOHNNY,LOUIS&CHAR
「フリー・スピリット」というタイトルがまずいいですね。 心のままに弾きまくれ!というところでしょうか。 70年代の日本でスリーピース・ロックバンドで、こんな演奏が聴けたとは。 ライブに行った人達が羨ましくなる1枚。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...