スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ライヴ・アンド・デンジャラス」 シン・リジィ 1978年

2015-05-29

ロック・ライブの名盤のひとつに数えられるシン・リジィの「ライヴ・アンド・デンジャラス」。 どこが名盤かというとまずいい曲が揃ってます。 ライブならではのベストな選曲だから当然かもしれませんが、オープニングの『Jailbreak』から快調に飛ばしていきます。

心地の良い『Southbound』や『Dancing in the Moonlight』、ギターソロがかっこいいバラード『Still in Love With You』と所謂ハードロックとは少しテイストが違う独特な味のある曲が並んでいて、リーダーのフィル・ライノット(やっぱりフィル・リノットのほうがしっくり来るなあ。)のボーカルがまたいいんです。

ぶっきらぼうに時に喋るように歌うあのボーカルあの声。 彼の見た目のインパクトの強さもありますが勢いと雰囲気で聴かせます。 ライブだからといって細かいところが雑になるでもないメンバーのしっかりした演奏といい観客の熱い盛り上がりといい、会場の一体感が想像できるアルバムですね。


Live and DangerousLive and Dangerous
見るだけで気合が入るかっこいいジャケット。 ジャケ買いでも損しないライブの名盤です。 後にも先にもこんなに革のつなぎが似合うロッカーはいませんね。 故郷のダブリンには銅像が建てられたそうです。(写真はこちら

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.6

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。