スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヒステリア」 デフ・レパード

2015-08-08

社会人になった80年以降もロックを聴いてはいたのですが、どちらかと言うとAORやフュージョンなど小洒落た音楽を好むようになっていました。 そんな中でいいなと思っていたロックバンドは『バック・イン・ブラック』が大ヒットしたAC/DCや『ブラックアウト』『禁断の刺青』を出したスコーピオンズ、そしてデフ・レパードです。

一番先に耳に飛び込んでくるのはジョー・エリオットの特徴のあるボーカルで、潰れているわけではないけどクリアではなく、シャープなギターとハイトーンのコーラスに乗って一種の高揚感をもたらします。 彼らはヒット曲「フォトグラフ」を収めた『炎のターゲット』が売れに売れてさあこれから、という時にドラムのリック・アレンが交通事故に遭ってしまいました。

当時まだ21歳だったアレンはこの事故で左腕を切断するという悲劇に見舞われて普通はここでドラマーを続けるのを諦めるのですが、なんと両足と右腕だけで叩ける特注のドラムと共に不死鳥のごとく復活を遂げました。 もちろん猛練習を積んだでしょうしもどかしい思いもしたでしょうが、周りのサポートもあったんでしょうね。

彼の復帰とともに活動を再開したバンドはアルバム『ヒステリア』をリリース、前作を凌ぐ大ヒットを記録します。 タイトル曲をはじめ「アニマル」「ラヴ・バイツ」など受けそうな曲満載で売れるのも必然かなと思いますが、ボーカルが気に入るかどうかで好き嫌いは別れるバンドかもしれませんね。


Hysteriaヒステリア デフ・レパード
"Hysteria(ヒステリー)"のタイトルにピッタリのジャケットですが、なんだか見てて落ち着きませんね。 ハードロックでこれだけヒットしそうな曲がたくさん入っているアルバムは珍しく、当然のように怒涛の勢いで売れました。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.7

横浜のvafanさんのコメント

懐かしい

music70sさん、こんばんは。

デフレバードにスコーピオンズは懐かしいですね。ここまで守備範囲だったとは
驚きました。もっとも、私の場合、デフレパードは『炎のターゲット』、
スコーピオンズは『ブラックアウト』までで、大学に入ると、メタル、ハードロック系
から離れていきました。

ですので、デフレパードの後日談は知らなかったです。

music70sさんのコメント

Re: 懐かしい

横浜のvafanさん、コメントありがとうございます。

当時は周りにデフレパードを聴く奴なんていなかったので、
密かに楽しんでいましたね。

甲子園球場には僕も行ったことがありますが、
熱狂的なタイガース・ファンの気合の入った衣装に
ちょっと引いてしまった思い出があります。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。