「学生街の喫茶店」 ガロ 1972年

2007-01-30

Tag : ガロ

僕の通っていた大学の近くにもたくさん喫茶店があって、コーヒーを一杯で何時間も友人たちとよくダベッたりしてました。 果たして商売として成り立っていたのかどうか定かではありませんが、貧乏な学生にとっては大変ありがたい場所でした。 勝手な推測ですが、喫茶店のマスターもきっと好きでやってたんじゃないかと思います。 たぶん。

スローなイントロとハスキーなボーカル、そして綺麗なハーモニーが素敵だった「学生街の喫茶店」は、当初シングルのB面として発売されていたんだそうです。 ところが発売元も予想外のヒットで、今も心に残る名曲となりました。 メロディーもそうですが、歌詞の中に「訳もなくお茶を飲み話したよ」なんて学生時代を思い出させてくれるところがあって、大人になって聴いてみるとあらためて良い曲だなあと思います。

何年か前に確かNHKでフォークソングのスター達を集めて懐かしのヒット曲を歌ってもらうという番組があって、その中でガロのボーカルがひとりでこの曲を歌っていました。 もう解散してしまったグループだから仕方がないのかもしれませんが、メンバーのひとりが不慮の死を遂げたという悲しい事実があるので、なんだか可哀想な気がしたのを覚えています。 時は流れて喫茶店もスターバックスのようなスタイルが増えてきましたが、僕は今でも昔ながらのちょっと閉じた空間がある喫茶店のほうが好きですね。


GARO アンソロジーGARO アンソロジー
学生の頃は、なんであんなにキツキツのジーンズに足を通すのが気持ち良かったのか。 改めていいグループだったんだなあと思わせてくれるガロのベスト。 「学生街の喫茶店」には泣けてきます。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...