「馬の耳に念仏」 フェイセズ 1971年

2015-10-31

Tag : フェイセズ

ある日ロッド・スチュワートの話題が出た時に、サッカー部出身でロックなど全く興味のない大学のクラスメイトに「こいつはサッカーが得意なんだ」という話をしたら、ロッドの見た目が嫌いな彼は即座に「嘘やろ。」と断定したのでした。

先入観とは恐ろしいものですが、あのツンツンヘアーを見たらそう思うのも無理ないかという気もします。 そのロッド・スチュワートやロン・ウッドが在籍したフェイセズはルーズでリラックスした感じがいいですね。 アルバム『馬の耳に念仏』はなんだ、このタイトルはと最初は思いましたが、「ステイ・ウィズ・ミー」から「デブリ」へ続くところが気に入ってます。

スライド・ギターの音がそう思わせるところもあるのかもしれませんが、彼らは適当というと言葉が悪いけど気合の入った感じではなく、気分が乗ったらみんなで行こうぜ!みたいな雰囲気があって、古き良き時代のロックバンドだったのかなと思います。

しかしジェフ・ベック・グループ、フェイセズ、ローリング・ストーンズと渡り歩いたロン・ウッドのキャリアも凄いですね。 才能だけでなく皆に愛されるキャラクターなんでしょうね。


馬の耳に念仏A Nod is As Good As a Wink to a Blind Horse
ヒット曲「ステイ・ウィズ・ミー」を含むフェイセズのサード・アルバム。 日本盤のタイトルを決めたのは誰だか知らないけど、勇気と決断力があるなと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...