「ほうろう」 小坂忠 1975年

2015-12-08

Tag : 小坂忠

この人は絶妙にいい声をしてますね。 ヴィブラートかかり過ぎずハスキー過ぎず、上手すぎないと言うと失礼ですが耳に心地よく聴き疲れしない声だなと思います。 アルバムの雰囲気もジャケットに集約されていて、伊達でお洒落で小粋です。

プロデュースは小坂忠と細野晴臣、バックを務めるのは細野の他に林立夫・鈴木茂・松任谷正隆・鈴木(矢野)顕子、コーラスに吉田美奈子・山下達郎・大貫妙子など豪華メンバーで、なるほどいいアルバムが出来るわけです。

メンツからしてこれは見方によっては小坂忠がティン・パン・アレイのボーカルをやっていると言えなくもないけど、今頃になってようやくこのアルバムを聴いてみて、知らないというのはもったいないことだなと思えました。

唯一知っていたのは桑名正博がカバーした「しらけちまうぜ」で、他の曲もたくさんカバーされているそうですね。 小坂忠はかなり前にテレビで歌っているのを一度だけ見たことがあってそれがこのアルバムを買うきっかけになったのですが、若い頃の写真と変わらず渋いおじさんでした。 果たして俺はあんな渋いおじさんになれるのかってそりゃ無理です。 


ほうろうCHU・KOSAKA in HORO
いい曲が揃ってます。 トップを飾るに相応しい「ほうろう」や小洒落た「流星都市」にどこか懐かしい「つるべ糸」とバラエティ豊かに楽しませてくれます。 小坂忠作詞作曲でコーラスが印象的な「機関車」も素敵です。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...