スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひとりごと」 ポール・サイモン 1973年

2015-11-25

このアルバムは高校の同級生でサイモンとガーファンクルが好きな奴が学校にレコードを持ってきて、「これいいぞ」と言ってたのを覚えていてそれっきりだったのですが、それから40年も経って初めて聴くことになりました。

ポール・サイモンは好きでしたがそいつとはそんなに仲が良いわけではなかったことと、見せてもらったアルバムのジャケットがあまり好みではなかったので結局聴かずじまいでしたが、今でもこのジャケットアートにはあまりピンと来ませんね。

肝心の中身はというとこれは良質なアメリカン・ポップスを詰め込んだ玉手箱と言いますか、ポール・サイモンが若い頃に親しんできた音楽を彼なりの解釈で好きなように再現したのでしょうね。

叙情的なサイモンとガーファンクルのメロディーを期待するとちょっと肩透かしをくらうかもしれませんが、『American Tune(アメリカの歌)』のような曲を聴くと懐かしいというかホッとした気持ちになります。

ポール・サイモンにはフォークシンガーでいて欲しいという願望が自分にあるんだなと思いますが、ロックの殿堂入りをしたことからも分かるように、今更ですが彼はシンガー・ソングライターとして多彩な才能を持っていたということですね。


ひとりごとThere Goes Rhymin' Simon Paul Simon
S&Gではアート・ガーファンクルと組んでいたからあの美しい声と二人のハーモニーを生かすための曲が多かったんだなと思います。 彼はもっと色々な事をやりたかったようで、80年代に『グレイスランド』でまた新しい音楽に挑みます。 

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.7

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。