番外編 24. ビリー・ジョエル、アメリカ国歌を歌う

2015-10-31

昨年はサンフランシスコにカルロス・サンタナが登場しましたが、今年のワールドシリーズ第3戦ではニューヨークのシティ・フィールドでビリー・ジョエルが国歌を歌いました。 随分と恰幅が良くなって頭髪もシンプルになった彼のアメリカ国歌は、妙にコブシを効かせることなく淡々と歌って好感が持てましたね。

試合はメッツ・金髪ロン毛長身のシンダーガード、ロイヤルズ・乱闘にも積極的に参加するベンチュラの豪速球対決で、やっぱり球が速いのは見てて気持ちいいですね。 ちなみにオールスター・ゲームではレッズのチャップマンが球速165キロを出してビックリしました。(最速169キロ!)

結局ホームの熱狂的な声援に後押しされたニューヨーク・メッツがシリーズ初勝利を収めましたが、昨年惜しくもワールド・チャンピオンになれなかったロイヤルズとの戦い、面白くなってきました。

ロイヤルズの地元カウフマン・スタジアムではポール・マッカートニーが歌うビートルズの「カンザス・シティ」が流れていましたが、シティ・フィールドではビリー・ジョエルの「ピアノ・マン」が流れます。 土地柄もあるのか対象的な曲ですが、こういうところもメジャーリーグの試合を見る時の楽しみのひとつです。




ビリーのシンプルな衣装とボーカル、いいなと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...