スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひとやすみ」 N.S.P.Ⅲ 1974年

2016-02-01

Tag : N.S.P

今回は久しぶりのフォークソングです。 「夕暮れ時はさびしそう」とフォークバンドらしくないNSPという名前だけは知ってましたが、ハイカラなバンド名なのは元々彼らはロックをやっていたとかで、あのCharが『NSPのバックで弾いたことある』と言ってたのはそういう事だったんでしょうか。 

「夕暮れ時はさびしそう」の歌詞を見てみると今なら”女々しい”とか”男らしくない”とか”幼稚”などと大ブーイングを浴びそうだけど、まさに寂しそうなメロディーとボーカルがマッチしていて聞いている分には違和感ありません。

”ロックが好き”とか言ってても特に若い頃の自分はシャイなところがあったので、時々声を裏返して歌う天野滋の世界には恥ずかしい気もするけどちょっと共感も覚えます。 ただ、今このアルバムを何度も繰り返して聴きたいかというとそうでもありませんね。

ロックな「なんて空だろう」や「雪の精」のような洒落たナンバーもあるけれどメンバーが自己紹介をするMCも収録されていて、なんだかムズムズするような気恥ずかしいような。 はぁ~、疲れた。という時にたま~に聴きたくなるアルバムだなと思います。


ひとやすみひとやすみ NSP III
「夕暮れ時はさびしそう」はサビのメロディーがクセになりそう。 叙情的なジャケットがN.S.P.らしいけど、もともとロックをやっていたのだそうです。 デュオのふきのとうは北海道、トリオのN.S.P.は岩手出身で何となく似た雰囲気が。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.7

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。