「対自核」 ユーライア・ヒープ 1971年

2016-03-01

Tag :

どこか外国の動物園に鏡が展示されていて『世界で最も危険な生き物』と書いてある。 それはもちろん鏡に写った人間のことで、たしか昔漫画で読んだなあと思って調べてみたら石森章太郎の作品の中のシーンでした。(ニューヨークのブロンクス動物園にあったそうです)

「対自核」のジャケットを見ると思い出す話ですが、このアルバムはちょっと気持ちの悪いデザインよりも邦題のタイトルに感心します。 当時の宣伝マンのアイデアと熱意と言いますか、きっと苦労しながらも仕事を楽しんでたんでしょうね。

中身は重たくはないけど如何にも昔の英国ロックだなあという音です。 タイトルナンバーから10分を超える美しくも哀しい曲「7月の朝」まで、最初の3曲の流れがいいなと思います。 ヒステリックにも聴こえるファルセットや美しいコーラスはキーボードと共に彼らの特徴ですね。

今年1月の来日公演はデヴィッド・ボウイやグレン・フライの訃報もあってかあまり話題にならなかったみたいだけど、メンバーが変わりながらもまだ頑張ってたんだなあと思った次第です。


対自核"Look at Yourself" Uriah Heep
このジャケットにこのタイトル。 自分自身を見つめていると己の核のようなものが見えてくる...なんていう意味なんでしょうか。 発売当時のLPジャケットは鏡面仕上げだったそうで、残念ながら見たことありません。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.7

BACH BACHさんのコメント

おお!

これ、1曲目のオルガンがメッチャクチャかっこいいですよね!若い頃、1曲目だけよく聴きました(^^)。

music70sさんのコメント

Re: おお!

BACH BACH さん、早速のコメントありがとうございます。

アメリカのバンドには出せない(出そうとしない?)音っていうのがありますね。
ディープ・パープルもジョン・ロードのキーボードがかっこいいバンドでした。


コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...