『The 14th Moon 14番目の月』 荒井由実 1976年

2016-09-21

Tag : 荒井由実

デビュー・アルバム『ひこうき雲』に比べるとポップな雰囲気になりましたが、心象風景を言葉にする感覚の鋭さや一度聴いただけで耳に残るメロディーラインを紡ぎだすセンスは一貫して変わらず、やっぱり最初から才能のある人なんだなと思います。

最もポピュラーなのは「中央フリーウェイ」で、この曲が入っているからこのアルバムが好き、という人も多いんじゃないでしょうか。 コアなファンからはいやいや、なんて言われてしまいそうですが時代を超える名曲のひとつなのは間違いありません。

山本潤子の声が素晴らしいハイ・ファイ・セットのカバー、庄野真代の少し甘い声が素敵なカバー、どちらもオリジナルの良さがあるから光るんだと思いますが、シティ・ポップスの極みのような曲ですね。

他にもいい曲がたくさん収録されていて、お洒落な小品「天気雨」や卒業写真の続編のような「グッド・ラック・アンド・グッド・バイ」、夏の終わりに相応しい「晩夏(ひとりの季節)」などユーミンの創作意欲はとどまるところを知りません。

確かデビュー当時にボーカルのトレーニングをさせられて辛かった、というインタビューを見た(読んだ?)ことがありますが、若い頃の彼女のボーカルはそんなに悪くないなと思うのはその訓練の賜物なんでしょうか。


Scorpions"The 14th Moon 14番目の月" 荒井由実
荒井由実時代最後のアルバム。 タイトル曲の他多くのミュージシャンにカバーされた「中央フリーウェイ」など相変わらず名曲満載。 情景が目に浮かぶ詞の世界も相変わらず見事で、ソングライターとして溢れる才能が詰め込まれています。

BACH BACHさんのコメント

これは名作!

僕の中では、ニューミュージックの代表作のひとつだと思っています。このアルバム、いいですよね!

music70sさんのコメント

BACH BACHさん、コメントありがとうございます。

発表された頃は見向きもしなかったアルバムなんですが、
いいものは時間が経ってから聴いてもいいですね。
BACH BACHさんが紹介されているアルバムも楽しみにしています。

横浜のvafanさんのコメント

好きなアルバムです

music70sさん、おはようございます。

荒井由実時代のアルバムは、初期のどんよりした雰囲気もいいですが、この作品の洗練された感じが気に入っています。好きな曲は冒頭の「さざ波」です。時期的にもこれから季節に合います。

music70sさんのコメント

Re: 好きなアルバムです

横浜のvafanさん、コメントありがとうございます。

確かに夏の終わりから秋の初めに合うアルバムですね。 ジャケットも中身同様お洒落で、その後の松任谷由実時代に繋がる雰囲気です。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...