スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イッツ・トゥー・レイト」 キャロル・キング 1971年

2007-02-16

美人でも美声でもないけれど、人の心に響く歌を紡ぎだすキャロル・キングの名盤「つづれおり」は、今聴いてみても色褪せることはありません。 シンガー・ソングライターという言葉は彼女にこそ相応しいと思いますが、もちろん自分が書いた曲を歌わなければダメという訳ではありません。 だけど自ら書いた曲にはその人のセンスや人生観が凝縮されていて、彼女のように時代や世代を越えて愛される曲をたくさん生み出した人は本当に素晴らしいな、と思います。

学生時代のあるクリスマスの夜、友人ふたりとちょっと背伸びをして酒を飲みながらライブも楽しめる店へ行ったら、日本人だかフィリピン人だか今となっては定かではありませんが、女性歌手が何かリクエストはありませんか?と言うので生意気に「イッツ・トゥー・レイト!」とお願いしたら見事に歌いこなしてくれて、そりゃあ感動しました。 当時アルバムが大ヒットして既にスタンダード・ナンバーの仲間入りをしていたからこそリクエストに即座に応えてくれたんだと思いますが、いやあ、嬉しかったですねえ。

アルバム「つづれおり」には他にも「君の友だち」や「ナチュラル・ウーマン」など名曲がこれでもか、と言わんばかりにたくさん詰まっていて、初めて聴いたときには宝石箱を開けてみたような幸せな気持ちになりました。 いわゆるハヤリモノというのはいずれ飽きがきてしまいますが、名盤というのは何年たっても名盤なので、出逢えた分だけ得をしたような気分になれるのが良いところです。


つづれおり キャロル・キングつづれおり キャロル・キング
キャロル・キング永遠の名盤「タペストリー」。 粒揃いの名曲たちが心を癒してくれます。 世代や時代を超えて聴き継がれる名盤に出会えて、本当に良かったと思いますね。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.1

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。