「微笑がえし」 キャンディーズ 1979年

2007-02-18

Tag : キャンディーズ

私事で恐縮ですがこの度引越しをする事になりまして、長年住み慣れた街を離れることになりました。 いざ旅立つとなると普段見慣れた何気ない風景も、なんだか感傷的に眼に入ってきたりします。 たまにしか会わない友人知己とも、もう会えないわけではないのに今のうちにもう一度酒でも飲みに行っとこうか、という気持ちになりますね。

キャンディーズはピンクレディーと並ぶ70年代後半のトップ・アイドルグループで、アイドル歌手の後ろでミニスカートをはいてポンポンを振りながら踊るスクールメイツの出身です。 「年下の男の子」あたりから人気が出てきて、解散前にリリースした名曲「微笑がえし」は大ヒットを記録しました。 この曲は阿木燿子の歌詞がまた素晴らしくて、春とともに訪れる別れを明るいメロディーの中に過去のキャンディーズのヒット曲のタイトルを織り込む洒落心なども見せつつ描き、「畳の色がそこだけ若いわ」なんていう感傷的かつセンスのあるフレーズもやっぱり才能を感じさせてくれます。

「普通の女の子に戻りたい」という名セリフを残して後楽園球場でのコンサートを最後に解散した彼女たちですが、ミキちゃんを除く二人はしっかり芸能界に復帰しています。 グループの中でも一番人気のあったランちゃんはその後映画「ヒポクラテスたち」で見せた演技も良かったし、僕の好きな水谷豊と結婚して今は公私共に幸せな生活を送っているようで、なんだか他人事ながらホッとしますね。 僕も新しい土地での生活がもうすぐ始まりますが、今度はどんな思い出が積み重なっていくのかちょっと楽しみにしています。


GOLDEN☆BEST/キャンディーズGOLDEN☆BEST/キャンディーズ
ランちゃん、スーちゃん、ミキちゃん、3人の懐かしい顔が並んだ分かりやすいジャケット。 普通の女の子に戻るはずが、ミキちゃんを除いていまだに芸能界で活躍中。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.1

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...