スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天国への階段」 レッド・ツェッペリン 1971年

2006-10-12

どちらかというとちょっとオクテだった僕がハードロックの洗礼を受けたのは、大学に入学してからです。 下宿の友人の部屋ではじめてツェッペリンの「胸いっぱいの愛を」(Whole lotta love)を聴いたときは、鳥肌が立つほどの衝撃を受けました。

ジミー・ペイジはかっこいいリフをつくらせると天下一品ですが、70年代に入ってから思い出に残る名曲といえばこちら「天国への階段」です。 静かなイントロから一気に盛り上がるサビの部分までロックの王道を往くこの曲で、ギブソンSGの重たそうなダブルネックのギターを弾くジミーや、独特の高音でシャウトするロバート・プラントはかっこよかった。

若い頃の彼らはそりゃあため息がでるほどの美形揃いで女の子たちがキャーキャー言うのも無理はありませんが、本当にノックアウトされたのはロック好きの青少年達だったのだと思います。 今聴いてもやっぱりかっこいいツェッペリンのアルバムは、ロック黄金時代の宝物だと思いますね。


Led Zeppelin IV レッド・ツェッペリンLed Zeppelin IV レッド・ツェッペリン
いきなり「ブラック・ドッグ」と「ロックンロール」でぶっ飛ばす名盤。 永遠のマスターピース「天国への階段」もあるし、Zepの最高傑作か?

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.1

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。