「グッド・バイ・マイ・ラブ」 アン・ルイス 1974年

2007-03-20

Tag : アン・ルイス

はじけるような笑顔が素敵なアン・ルイスが永い間病気で苦しんでいたのを知った時はちょっとショックでしたが、少しずつ元気になってきているようでホッとしているところです。 彼女が「六本木心中」のようなバリバリの歌謡ロックでブイブイいわしてた頃は誰もが知っていると思いますが、最初のヒット曲は以外にも正統派歌謡曲の「グッド・バイ・マイ・ラブ」でした。

作詞はなかにし礼、作曲は平尾昌晃というこれも正統派の大御所で、ハーフの女の子にこういう曲を歌わせるとおもしろいなあ、なんていう考えがあったのかも知れません。 あの美貌と歌唱力があれば曲さえ良ければヒットするのは当たり前ですが、いつもニコニコして言いたいことをストレートに言うようなところが彼女の魅力で、そんなところが後のロック路線の大ヒットにつながったんだと思います。

同じ歌手の桑名正博と結婚した時は、なんであんなヘラヘラした奴と、とちょっと思いましたが、彼は彼でいいアルバムを残しているので、これはまた次回。 あの笑顔の裏側にはとてもナイーブなところがあるんだなあ、というのが彼女の病名を知ったときの感想ですが、そりゃあ誰でも笑顔だけではいられないところはありますよね。 そんな彼女の、もうひとつのナイーブで優しい顔に似合う曲が「グッド・バイ・マイ・ラブ」だと思います。


アン・ルイス ベストセレクションアン・ルイス ベストセレクション
早く完全復活して、あの素敵な笑顔をもう一度見せてくれるのを待っています。 ロックからバラードまで、彼女の魅力が堪能できる1枚です。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...