「スピード・キング」 ディープ・パープル 1970年

2006-10-15

ツェッペリンとはまた違ったハードロックの世界を展開しているのがディープ・パープルですが、ボーカルのイアン・ギランが在籍していた頃、ドラムスのイアン・ペイスやベースのロジャー・グローバーなどの最強メンバーが揃った第2期のバンドが最も輝きを放っていたのは言うまでもありません。

ボーカリストが強力なのがどちらのバンドにも共通していて、やっぱりロックバンドはこうでなくちゃいかんと僕は思います。 ジャケットが印象的な名盤「イン・ロック」の1曲目、タイトルそのままの疾走感のあるこの曲で一気に聴く者のボルテージを上げておいて、彼ら独特のちょっとオドロオドロしい世界を展開する「ブラッド・サッカー」へ続いていくとこがまたいいじゃないですか。

イアン・ギランの来日コンサートを見に行ったら音だけはデカかったものの、中身は期待したほどじゃなくてちょっとガックリきましたが、全盛期の彼のボーカルは凄まじかったですね。 やっぱり肉食人種でないとあんな声は出ないんだろうと思います。 イアンは最近あまり話題にもならないけど、今でも元気にしてるのかなあ。


イン・ロック ディープ・パープル イン・ロック ディープ・パープル
これぞハードロックの王道。 ディープ・パープル黄金期、ベストメンバーの名曲名演。 強力なボーカルとギター、ドライブするドラムとベース、ヘヴィーなキーボード。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...