スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひとり咲き」 チャゲ&飛鳥 1979年

2007-05-25

今となっては懐かしいヤマハのポプコンで世に出たデュオ、チャゲ&飛鳥は僕と同じ福岡の出身で、しかも同い年です。 初のヒット・シングル「ひとり咲き」は、ドラマチックな展開に飛鳥の素晴らしい歌声とここぞという時のハモリでなかなか聴かせてくれる名曲でした。 これも福岡の恋の浦というところで開催された、南こうせつ主催のオールナイト・コンサートにシークレット・ゲストとして登場したのを生で観ましたが、やっぱり普通の人とは違うんだなあと思いました。

どっちが?というとチャゲには申し訳ないんですが飛鳥の方で、ステージで軽々とバク転をする運動神経の良さと、圧倒的な声量には度肝を抜かれました。 今からもう20年以上前の事ですが、真夏の夜に響き渡る彼らの歌声は会場を埋めたファンを感動させてくれました。 ちなみに武田鉄矢もゲストで出てきて、吉田拓郎のモノマネで「人間なんて」を熱唱してこれも大ウケで笑わせてくれました。 そういえば彼も福岡出身。

その後のチャゲ&飛鳥の活躍は皆さんご存知の通りで、いやあ、ビッグになっちゃいましたねえ。 ちょっとクセのある飛鳥のボーカルは独特な味を持っていて、やや鼻にかかりながらムァウォ~ンという感じでどこまでも伸びて行きます。 対するチャゲは身長でも顔でもちょっと飛鳥には負けていますが、確かな歌唱力とユーモラスなキャラクターを持っていて、やっぱり二人が組んだからこそ成功したんだと思います。 なんだかホール&オーツの日本版みたいですが、井上陽水やチューリップ同様、福岡が生んだ日本に誇るミュージシャンだと思います。


風舞 チャゲ&飛鳥風舞 チャゲ&飛鳥
フォークの枠からはみ出して活躍するようになったチャゲ&飛鳥の記念すべきファーストアルバム。 名曲「ひとり咲き」は残念ながら簡単には歌えません。 スローバラードには確かな歌唱力が必要ですね。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.2

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。