「アメリカン・バンド」 グランド・ファンク 1973年

2007-06-17

タイトルからしてシンプルでストレートな「アメリカン・バンド」は、ライブで当時圧倒的な人気を誇っていたグランド・ファンク・レイルロードの傑作です。 この曲を発表当時はグランド・ファンクと名乗っていまいたが、やっぱり僕たちロックファンにはGFR,グランド・ファンク・レイルロードというバンド名のほうがしっくりきますね。

カウベルが印象的なドラムのイントロに続いて、荒削りだけど豪快なギターが鳴り出すとロック好きの血が騒ぎ出し、エコーの効いたこれも豪快なボーカルが始まると、無条件に体がリズムを刻みだす、これこそがロックの醍醐味と言ってもいいんじゃないでしょうか。 なるほどライブならもっとノってくるんだろうなと思えますが、残念ながら本物は見たことがありません。

プロモーション・ビデオでは上半身裸でバイクを無邪気に乗り回すメンバーの映像が出てきますが、何かというとすぐ裸になりたがるところがまた可愛らしいというか、拍手をしたくなってきます。 ヘタとは言いませんがテクニックなんか二の次、体ごと叩きつけるロックの楽しさを、理屈ぬきで思う存分味わえたのが70年代アメリカン・ロックの雄、グランド・ファンク・レイルロードでした。


アメリカン・バンド グランド・ファンクアメリカン・バンド グランド・ファンク
肉体派ロックバンド、GFR(いっときグランド・ファンク)の大ヒットナンバー「アメリカン・バンド」収録。 オーバー100マイルの直球です。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...