スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キル・ザ・キング」 レインボー 1977年

2007-06-30

Tag : レインボー

ライブっていうのはアルバムとはまた違った楽しみがあって、目の前で憧れのミュージシャンを観る事ができる興奮もあり、特にロックのライブは鼓膜を叩きつける大音量にも興奮し、何よりも同じロック好きが大勢集まってることに興奮するんです。 学生の時に観たリッチー・ブラックモア率いるレインボーのコンサートは、血圧上がるくらいの大興奮ものでした。

オープニングの映画「オズの魔法使い」の中のセリフ「We must be over the rainbow~」に続いて「キル・ザ・キング」の激しいイントロが始まると、そりゃあもう大変。 会場は一気に盛り上がって大騒ぎです。 来日時のメンバーはボーカルにロニー・ジェイムズ・ディオ、ドラムスにコージー・パウエルという最強のラインアップで、スーパー・ハイテンションな古典的ロックの名曲、「キル・ザ・キング」では素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

冷静なんだか燃えてるんだか分からない大御所リッチーのギターはもちろん、ロニーの少しハスキーだけどキーの高いボーカル、それに何と言ってもコンサートの後半、コージー・パウエルのドラム・ソロがかっこよかった。 ドラムセットごとグィ~ンと10メートルほど持ち上がって、また元の位置に戻ったところでスティックを2本とも真上に5~6メートルだったか放り投げ、見事にキャッチしてソロを締めくくった時には大拍手でした。 残念ながらそのコージーも既に亡くなってしまいましたが、いまだに青春の1ページに彼らの熱いプレイは焼きついてます。 ああ、何にも考えんと楽しめる瞬間がまた欲しいなあと心から思える今日この頃。


オン・ステージ レインボウオン・ステージ レインボウ
このジャケットはもう少し何とかならんかと思いますが、ライブは凄かった。 「オーバー・ザ・レインボウ」から「キル・ザ・キング」へとなだれ込んでいくオープニングで既にテンション最高潮でした。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.2

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。