「アリバイ」 シン・リジィ 1979年

2007-07-10

一度見たら忘れられないボーカルのフィル・リノットの強烈な個性に、ゲイリー・ムーアとスコット・ゴーハムという見た目も対照的な二人のギタリストのツイン・ギターが加わってヒットしたのが、アルバム「ブラック・ローズ」からシングル・カットされた「アリバイ」です。 フィルの個性そのままのアタックの強いベースにちょっとぶっきらぼうなボーカル、切れのいいツイン・ギターと高音のコーラスがそれはそれはカッコイイ名曲でした。

イギリス、じゃなくてアイルランドと言わなくちゃいけないんでしょうか、シン・リジィはやっぱりアメリカのカラッと乾いたノリのいいロックとは違ってちょっと重たいというか湿ったというか、ヘヴィーなロック・バンドでした。 それがちょっとポップな「アリバイ」でヒットを飛ばしたのは、意外なことに男っぽさムンムンのゲイリー・ムーアの加入が効いたんでしょう。

いまどきは見かけなくなった金髪ロン毛の男前、スコット・ゴーハムとのツイン・ギターはギター・キッズなら誰もが憧れるかっこよさだったし、黒革のツナギのイメージが強いフィル・リノットがまた強烈なインパクトがありました。 やっぱりロックは見た目も大事。 ちなみに正しく発音すれば「フィル・ライノット」なんだろうけど、僕にとっては今でも「フィル・リノット」が正解です。 長生きしそうにない人だったけど、やっぱりそうだったなあ。


ブラック・ローズ シン・リジィブラック・ローズ シン・リジィ
タイトル・ジャケット・そして中身と3拍子そろったシン・リジィの名盤。 ゲイリー・ムーアとスコット・ゴーハム、「アリバイ」のツイン・ギターに痺れる。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.2

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...