「勝手にシンドバッド」 サザンオールスターズ 1978年

2007-07-20

日本の音楽界に激震が走った1978年のデビューからまもなく30年、桑田佳祐率いるサザンオールスターズは、押しも押されもせぬトップ・バンドとなりました。 激震が大袈裟なら衝撃を与えたと言っておきましょうか、初めて「勝手にシンドバッド」を聴いたときは、そのメロディーに、その歌詞に僕たちはのけぞったんです。

ラテン・ロックかはたまた歌謡ロックか、早口で判別のつきにくい歌詞を勢いよくメロディーにのせて、サビの部分の「今何時?」には、なんで?と思いつつも一緒に歌いたくなるようなノリのよさもあり、「それにしても涙が止まらない~」のくだりにはちょっと切なくなるセンスのよさも垣間見せつつ、彼らはその後も名曲を連発して80年代には日本の音楽界をリードする存在となりました。

リーダーの桑田さんは学年でいうと僕より2年上なんですが、ほぼ同世代という親近感もあり、今度はどんな曲を書いてくれるのかといつも楽しみにしています。 デビュー前から彼の頭の中にはロックやポップス、歌謡曲にフォークソングと、まさに70年代に僕たちの世代が大好きだった音楽が溢れかえってフツフツと煮えたぎっている状態だったんでしょう。 それらがごちゃ混ぜになって出来上がった「勝手にシンドバッド」は、ジャンルを超越したインパクトのある名曲だと思います。


熱い胸騒ぎ サザンオールスターズ熱い胸騒ぎ サザンオールスターズ
まさに衝撃的デビュー。 「勝手にシンドバッド」は、熱く切なく僕たちのハートに突き刺さりました。 それにしても写真好きの友達に撮ってもらったような、アマチュア丸出しのジャケット。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.2

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...