「わたしの彼は左きき」 麻丘めぐみ 1973年

2007-07-29

Tag : 麻丘めぐみ

可愛らしいお姫様ヘアーに大きなタレ眼がチャーミングだった麻丘めぐみは、デビュー曲の「芽ばえ」に続いて「わたしの彼は左きき」をヒットさせます。 ちょっと甘えた声で歌うこの曲は、世の中のマイノリティーでもある左利きの男子に夢と希望を与え、多数派の右利きの男子も当然のように巻き込んで、彼女をトップアイドルへと押し上げます。

「お茶の間」という言葉も最近は聞かなくなりましたが、一家団欒の場であるお茶の間にで~んと置かれたテレビのブラウン管の中に登場する当時のアイドルたちは、家族そろって安心して楽しめるような存在だったように思います。 もしあの頃の歌番組に倖田來未が登場したら、当然のようにチャンネル権を握っていた親父は、黙ってガチャリとチャンネルを変えたでしょう。

だいたいイントロからしてホンワカほのぼのとした雰囲気で始まる「わたしの彼は左きき」と、いきなりドンツクドンツクと前ノリ、縦ノリの激しいイントロに女の子がパンツの見えそうな衣装で踊りまくる今のエイベックス系の曲を比べても仕方がないんですが、どちらが好きかというよりも記憶に残るのはやっぱり昔のアイドル、脳髄を刺激するのは今のアイドルでしょうか。 ところで、「♪ 私の私の彼は~右ききっき~」と歌って笑わせてくれたT君は元気にしてるかなあ。


BOX 72-77 麻丘めぐみBOX 72-77 麻丘めぐみ
お姫様のようなヘアスタイルが可愛らしかったですね。 前回の南沙織同様、この頃のアイドルは清純で爽やかなイメージが強かった。 「17才」とは言わないがせめて30代に戻りたい。

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...