スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「恋人もいないのに」 シモンズ 1971年

2007-08-01

爽やかな歌声で一度聴いたら忘れられない女性デュオ、シモンズの名前がサイモンとガーファンクルのSIMONから取ったとは、今回調べてみるまで知らなかった。 なるほど。 「恋人もいないのに」は彼女たち最大のヒット曲で今も愛される名曲ですが、「♪ バラの花束抱いて いそいそ出かけて行きました」なんて微笑ましくもあり、哀しくもあり、ちょっと恥ずかしくもあり、70年代ならではの歌詞だなあ。

70年代の初めはまだ中学生で、フォークギターをさわったこともなかったので女のくせに生意気にといっては失礼ですが、声は綺麗だしギターも弾けるしと、当時はなんだか憧れと嫉妬がまざったような気持ちがあったのかもしれません。 まあ、まだ年端もいかない子供だったからそれは許していただくとして、中学の同級生でギターを持っている奴がいると、羨ましかったのは確かです。

ギターを初めて弾いてみるとまず当たり前ですが音が出るのが楽しくて、それからコードをひとつひとつ覚えていくのが楽しくて、生意気にもちょっと弾き語りをしてみるのが楽しくて、さらに友人たちと一緒にギターを弾いたり歌ったりするのがもっと楽しくてと、音楽の喜びは限りなく広がっていきます。 ひとりでやるよりふたりの方が当然楽しいですから、デュオっていうのは音楽の楽しみの一番シンプルな形なのかもしれませんね。


恋人もいないのに シモンズの世界恋人もいないのに シモンズの世界
すっきり爽やかな女性デュオと言えばこのふたり、シモンズ。 最近こういう感じの声を聞かなくなったなあ。 「恋人もいないのに」を聴いて感傷に浸りましょう。

「70年代思い出の名曲」でおすすめしたアルバム Vol.2

コメントの投稿

非公開コメント

Google Ad.




プロフィール

Author:music70s
1957年生まれ。
福岡県在住です。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

シンプルアーカイブ

リンク

ミュージック・スタイル

音楽関連サイトリンク集
音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE

J-Total Music

無料歌詞検索エンジン

バンドスコア

ベスト・オブ・アメリカン・ロック【ワイド版】

RSSリンクの表示

ご訪問ありがとうございます。

My name is Nipper.

♪ Life is very short and ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。